歯科 三豊市|香川県三豊市の歯医者ならしらい歯科クリニック

予防歯科について

予防歯科って何?

予防歯科

歯医者さんは、歯が痛くなってから行くものと思っていませんか?
その考え方はとても危険です!!
むし歯になってから歯を失ってからでは手遅れです!!
歯は他の体の組織とは異なり、治癒能力がないのです。
“歯は削ったら、二度と元に戻らない”
虫歯になった後に治療をすることではなく、虫歯にならないよう予防をすることが最高の治療法です。
予防歯科は、口の中の健康を保っていくために、定期的に歯のメインテナンスに通院してもらうシステムです。むし歯になる前に定期的にメインテナンスを行うことで歯の様々な疾患を予防し、健康な歯を維持していきましょう。

PMTCでむし歯・歯周病予防

PMTC

PMTCとは、歯科医師・歯科衛生士等の専門家により、
様々な専門の器具とフッ化物入りペーストを使用し
すべての歯面とその歯垢を除去する方法です。
普段のブラッシングでは取れない歯石や
歯についたヤニもきれいに除去できます。
治療ではないので、痛みはありません。
処置後のツルツル感を実感して下さい。
3~6ヶ月に一度定期的にPMTCを受けることをお勧めします。

PMTCの効果

バイオフィルムを除去し再付着を防ぐので虫歯予防効果があります。
歯のエナメル質表面へのカルシウム補給を促し再石灰化を促進します。

歯周ポケット1~3mmのバイオフィルムを除去するので歯肉の状態を改善し、予防にもつながります。3mm以上深いポケットの場合は他の方法でバイオフィルムを除去します。

洗浄後にフッ化物入りのペーストやカルシウム補給剤を塗布することにより、歯の石灰化をさらに促進します。

歯についたヤニや色素も取り除けるので、患者さん本来の光沢のある歯面になります。
※歯を薬品で白くするホワイトニングとは異なります。

フッ素塗布でむし歯・歯周病予防

フッ素塗布

生まれたばかりの赤ちゃんのお口にはむし歯菌はいません。
しかし、ひとたび入り込むとむし歯菌は増え、
むし歯の原因になります。
ですから、幼いうちに菌の侵入を防ぐことや菌の数を増やさないようにすることはとても重要です。
むし歯菌の繁殖を抑えるのに有効な手段は歯みがき、そしてむし歯になりにくい歯を作るフッ素塗布があります。
フッ素を歯の表面に塗ることで、歯の表面のエナメル質を守り、
むし歯菌(ミュータンス菌)の酸を作る働きを抑え、初期むし歯の修復し、
むし歯になりにくい強い歯を作ります。
むし歯予防や、小さなお子様の初期むし歯におすすめの処置方法です。
フッ素の効果を持続させるためには3~6か月に一度受けることをおすすめします。

歯周病について

歯周病とは

歯周病

歯周病とは、むし歯とともに、「歯科2大疾患」と言われ、
自覚症状もあまりなく、徐々に歯を支えている骨(歯槽骨)がとけて、
歯がぐらぐらになり、抜けてしまう慢性的疾患です。
35歳以上は80%が歯周病にかかっており、歯周病の原因菌が心筋梗塞、
骨粗鬆症、低体重児、肺炎、心臓病、糖尿病、バージャー病、閉塞性血栓血管炎の病気と因果関係が強いことが最近の研究でわかってきています。

歯周病の治療法は?

歯周病

現在さまざまな治療法がありますが、
完全に歯周病を治療することはほとんど出来ません。
その一つの原因は、たとえ一時的に歯周病菌を除去出来ても、
誰のお口の中にでもつまり家族のお口の中にも歯周病菌がいるので、
自然と感染してしまうのです。
もちろん、一度歯周病にかかり歯茎が歯からはがれてしまうと、
ある程度引き締めることはできますが完全に元通りには出来ません。
ですから再度歯周病菌に感染すると、以前に出来た歯茎と歯の隙間に簡単に取りついてしまいます。 最善の歯周病治療は、定期的にお口の中をきれいにすることです。
歯周病の原因の一つである「プラーク」は、
いくらきちんと歯磨きをしても取り除くことは困難です。
完全なプラークの除去をするには、歯科医院で専門の機械を使って
定期的に除去しなくてはなりません。
定期的な検査と早期治療・メインテナンスにより症状の進行を抑えることができます。